Physical distribution

>>> 海外での物流サービス

海外物流のポイントはコストと通関

海外との製品の輸出入が関連する物流に関しては、輸送コストと通関という点が大きなポイントになると言われています。
輸送コストに関しては、日本がからむ場合に船便か航空便ということになりますが、航空便はコストが高いが輸送スピードが圧倒的に早い、船便はコストが圧倒的に安い分輸送時間がかなり長くなります。
それぞれのメリットデメリットを比較しながら最適な輸送方法を検討する必要があるでしょう。
また、通関に関しては、消費税等の税金をどのように申告して払うのかによって通関時間に差が出てきます。
せっかく航空便で素早く日本に運んできても通関に時間がかかっては勿体ないでしょう。
例えば、消費税であれば一定期間の納税額をあらかじめ担保として支払っておくことによって、スムーズに通関できるという方法もあります。
物流は単に輸送部分だけに注目するのではなく、製品が運ばれる全体の工程に注目してマネジメントを行うことが大切になってくるでしょう。

海外での物流サービスについて

海外には現地の物流会社があります。
そのため、海外展開し、外国で活動する機会が増えれば当然現地の会社と契約し、物流を委託することになります。
しかし、その場合問題も生じます。
それは、コストの問題です。
事業者の場合、扱う物の量で契約費用は変わってきますが、継続的契約関係を一つの企業と持っていた場合の方が、安くなることが多いです。
そのため、契約を結ぶ企業が多ければその分、無駄なコストがかかってしまうこととなります。
その点を解決する方法が一つあります。
それは、国際的に活動している、グローバルな企業と契約を結ぶことです。
そうすることで、地域を問わずに同じ企業との関係を築くことができ、余分な契約費用を払わなくても済みます。
世界的に活動している物流会社は日本にもありますし、海外にもあります。
そのような企業であれば規模も大きい分信頼もできるので一石二鳥と言えます。
したがって、契約をする場合はそのことを想定すると良いでしょう。

 

おすすめWEBサイト

ウェディングドレスについて名古屋で問い合わせ

2019/2/21 更新

物流管理のシステム

物流コンサルタント

コンピューターによる管理

物流業界の求人

海外での物流サービス

お問い合わせ

『物流 海外』 最新ツイート

@DougaShukatsu

【ニッチトップシェア企業】 ダイフク 「物流・自動倉庫」の分野で世界トップを走る機械メーカーです。 eコマースや小売業、卸売業等で物流を自動化し、自動倉庫のシステムを提供。 ASEANに展開し海外売上高比率は65%超!… https://t.co/4c7lRxAamC

2時間前 - 2021年04月15日


@suke5engine

@lulu_tender うわ〜!!!好き〜!!!ジェ順番抜かす常習犯だから…!!!!! そうですよね!海外通販たまに使うんですけど、向こうからは飛行機が飛ぶのかちゃんと期日内に届くイメージです…✈️ ほんとに…こんなご時世にちゃんと届けてくださる物流関係の方々に感謝です…🙏

4時間前 - 2021年04月15日


@ohhara_cpa

海外物流網の強化という目的があり、手段の1つとして、佐川が日立物流を買収するという案があったわけで、実際に試してみたら、どうも目的が達成しそうもない、だから手段である買収をやめる、という極めて自然なことをしているのです。 買収はいつの間にか目的になっていることも多いです。

6時間前 - 2021年04月14日


Copyright(C) 2009 Physical distribution. All rights reserved.